三浦清志(三浦瑠麗旦那・夫)はハーフで元外交官のエリート?ガサ入れの要因はなに?

三浦清志

2023年1月19日に太陽光発電事業への出資を名目に、約10億円をだまし取ったとして刑事告訴された三浦清志さんの

会社本社と自宅に東京地検特捜部が家宅捜索に入ったことが報じられ話題になっています。そんな三浦清志さんについて

  1. 三浦清志(三浦瑠麗旦那・夫)はハーフで元外交官のエリート?
  2. 三浦清志が代表を務める会社へのガサ入れの要因はなに?

を確認していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

三浦清志(三浦瑠麗旦那・夫)はハーフで元外交官のエリート?

三浦清志さん
出典:facebook

三浦清志さんは、父親が日本人、母親がアメリカ人なので日米のハーフです。

彫が深く、ハッキリとした顔立ちなので、多くの人がハーフ?と思われたのではないでしょうか。素敵な顔立ちですよね。

三浦清志さんプロフィール

  • 名前:三浦清志(みうらきよし)
  • 生年月日:未公表(推定:1979or1980年生まれ)
  • 年齢:推定42歳または43歳(2023年1月現在)
    *2002年の大学卒業から逆算
  • 出身地:福岡県宗像市
  • 居住地:東京都港区
  • 高校:福岡県立宗像高等学校
宗像高校
出典:ウィキペディア
宗像高校偏差値
出典:みんなの高校情報

県内上位の学力の学校で全国的にも上位の高校だということがわかりますね。

  • 大学:東京大学教養学部卒業
東京大学
出典:めぐろ観光街づくり協会
東京大学教養学部偏差値
出典:みんなの大学情報

さすが東京大学ですね。当たり前ですが、レベルが高い大学です。

*三浦瑠麗さんも当時東京大学に在学中で、大学時代に結婚しています

三浦清志さんの経歴

  • 外務省(2002~2004年)

外務省には、国家公務員試験一種が必要で合格率が5%前後とかなりの難関を突破して入省します。
当初アジア太平洋局中国課に在籍し、日中関係を担当。
その後2004年には大臣官房総務課に所属し、組織改変などを担当したそうです。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー(2004~2012年)

2007年には、入社約3年で最年少でファンドマネージャーへ昇進
*すかいらーく、大江戸温泉物語などの投資案件も担当

  • ベインキャピタル(2012~2015年)

米国・マサチューセッツ州ボストンに本社を置く、独立系プライベート・エクイティ・ファンド

  • Saferay Japan株式会社を設立(2015~2017年)

経営コンサルを行う会社を設立/代表取締役に就任
*エネルギー事業を主に担当

  • TRIBAY CAPITALに参画(2017年~現在)
会社ロゴ
出典:TRIBAY CAPITAL(現在は閉鎖中)

マネージング・ディレクターとして参画。現在は同社代表取締役社長

TRIBAY CAPITAL詳細

  • 会社名:TRIBAY CAPITAL株式会社
  • 設立:2014年7月
  • 主事業:投資管理、企業コンサルティング、事業開発
  • 役員:代表取締役 三浦清志
  • 資本金:3,990,000円
  • 会社名:株式会社トライベイ
  • 設立:2021年7月
  • 主事業:再生可能エネルギーの資産の開発・建設・管理
  • 役員:代表取締役 三浦清志、取締役 堀隆泰
  • 資本金:164,250,000円(資本準備金含む)

グループ会社(日本)

  • 東日本エネルギー開発合同会社(中小再生可能エネルギー資産の保有など)
  • 合同会社SANNO(中小再生可能エネルギー資産の保有など)
  • SAKECAPITAL株式会社(日本酒の輸出、業界へのコンサルティングなど)
  • TRIBAY WEALTHTECH株式会社(排出権取引など)
  • 一般社団法人デジタルエミッション(再生可能エネルギー資産の管理など)

外務省からマッキンゼーに行くあたり何か思いがあったのでしょう。その後も投資関連事業を中心に精力的な活動を続けてこられたみたいですね。もの凄い経歴です。

スポンサーリンク

三浦清志が代表を務める会社へのガサ入れの要因はなに?

2023年1月の東京地検特捜部のガサ入れは、

取引先の代表に兵庫県での太陽光発電所の建設計画を持ちかけ、建設の見込みがないにもかかわらず、出資金およそ10億円をだまし取ったとして、この代表から告訴されてきた経緯があります
(中略)
〈持続可能な投資リターンを追求し、社会に貢献することをミッションに掲げています〉とあり、エネルギーとESG(環境・社会・ガバナンス)領域の投資案件をメインに事業を拡大。そのなかで起きた投資トラブルだったとみられる

NEWSポストセブン

というものでした。2021年のZAITENの下記投稿のことと関係しているのでしょうか。

内容は

2019年1月:TRAIBAY CAPITAL(トライベイキャピタル)
『META Capital(メタキャピタル)』に対し、兵庫県南西部の福崎町における最大出力20㎿のメガソーラー発電所への投資を勧誘

TRAIBAY CAPITAL(トライベイキャピタル)の勧誘時の主張

  • 周辺住民の同意は取れている
  • 10億円投資で土地や権利を取得し、県の林地開発許可得る
  • 許可が出れば銀行等から資金調達の上、初期投資の大部分を返済する
  • 発電所完成後も更なる利益が見込める

2019年6月 『META Capital(メタキャピタル)』
10億円を振り込み(この時点でかなり怪しく、2019年2月末に発電所の権利と土地を所有する会社とトライベイキャピタルが“契約解除”となっていた)

内容がどこまで正しいかわかりませんが、このような報道が過去にあったので、関連性があるかも知れません。

スポンサーリンク

まとめ

三浦清志さんはエリートコースを歩み、もの凄く優秀な方ということがわかりました。

今回の件が事件に発展するかわかりませんが、状況を見守っていきたいと思います。

今回も最後までお付き合い頂きまして有難うございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次