鎌田大地の年俸推移がスゴイ!市場価値は30億超でW杯活躍次第でどうなる?

鎌田大地

サッカー日本代表候補で現在(2022年10月)ドイツ・ブンデスリーグで大活躍中の鎌田大地選手。

2022年ワールドカップカタール大会では日本代表の点取り屋として期待がされている26歳のストライカーです。

そんな鎌田大地選手について

  • 鎌田大地の年俸推移がスゴイ!
  • 鎌田大地の市場価値は30億超でW杯活躍次第でどうなる?

をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク
目次

鎌田大地の年俸推移がスゴイ!

2022年のサッカー界はイレギュラーな11月スタートのワールドカップイヤーとなり、欧州を中心としたサッカーリーグもワールドカップに合わせ変則的な開催日程となります。

2022₋23シーズンは夏の移籍マーケット(おおよそ7月~9月)よりも、1カ月間(11~12月)のワールドカップ終了後の期間の方が圧倒的に長いため、

冬の移籍マーケット(1月~2月)が活性化する可能性が高く、ワールドカップは各選手にとって

冬の移籍マーケットを見据えた見本市となり、今回お伝えする鎌田大地選手も渦中のひとりです。

プロサッカー選手の移籍は、居住環境やサポート体制、家族へのケア体制など、契約条項の中に含まれていますが、最も重要なのは年俸でしょう。

この年俸が選手の価値を示す最もわかりやすい指標となります。

2015年にプロデビューした鎌田大地選手はこれまでどのような年俸であったか確認していきたいと思います。

サガン鳥栖(2015年~2017年途中迄)日本

出典:サガン鳥栖HP

2015年 360万円

2016年 480万円

Jリーグには、クラブ経営を圧迫しないよう年俸上限を定めた“選手契約条件”という厳格なルールがあるため、

低年俸は仕方ありません。本当に社会人1年目のサラリーマンと差がない処遇ですよね。

サガン鳥栖の約2年半でJリーグ13ゴールの実績でした。

*選手契約条件は現在、新入団選手は原則480万円が上限年収。

アイントラハト・フランクフルト(2017₋2018シーズン)ドイツ

出典:GOAL

2017年Jリーグでの活躍が認められ、ドイツ・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに完全移籍することをクラブ間で合意し、2021年までの4年契約を締結します。

この時の年俸が

43万8,000ユーロ
日本円:約5,475万円
*(2017年6月)の平均レート1ユーロ=125年にて計算

日本にいるときの約12倍の年俸!やはり海外クラブに行くということは技術の向上や憧れだけではなく、

金銭的な面でもの凄いメリットがあるのですね。一気に生活が変わってしまう確変とはこういうことを言うのでしょうね。

しかしこのシーズンは、出だしは好調であったものの、年間を通しては出場試合わずか3試合で実力を出すことができませんでした。

鎌田選手はこの時を振り返り

1年目とかやばかったです。いじめられてるんじゃないかというぐらい。

ウォーミングアップとかも一人だけやり直しさせられたりとか。若かったし、試合にも出ていなかったから。

フィジカルコーチとかも何か自分が仕事している感を出すためにとりあえず注意したり、俺のことを言っとけみたいなみたいな。

GOAL

日本はチームの和を大切にしますが、海外は個が際立たないと追いやられてしまう世界・・。

とことん突き放される、厳しい世界なんですね。

シント⁼=トロイデンVV(2018₋2019シーズン)ベルギー

出典:GOAL

2018年夏にフランクフルトから構想外となり、ベルギー1部リーグ シント=トロイデンVVにレンタル移籍します。

この時の年俸が

35万7000ユーロ
日本円:約4,605万円
*(2018年8月)の平均レート1ユーロ=129円にて計算

フランクフルトとの4年契約の2年目でのレンタルなので年俸は一定程度保証されていたようですね。

そしてこの1年間、34試合出場で12得点と活躍をします。このシント=トロイデンは、日本のDMMグループが経営権を持つチーム。

これまでも、遠藤航選手や香川真司選手など多くの日本人が在籍したチームです。

当時日本人チームメイトとして、遠藤航選手、冨安健洋選手、関根貴大選手などがいましたが、

日本人が多い分、生活面ではフランクフルトより楽になりましたよ。違和感とかは特にないですね。

言葉に関しては日本人が多いので覚えにくいデメリットもあるとは思いますけど。

King gear

と話しており、環境の変化も活躍の一因になったのかもしれませんね。

そして、欧州に慣れ、活躍できたことがその後に大きな影響を与えます。

アイントラハト・フランクフルト(2019₋2020シーズン)ドイツ

2019年夏はベルギーシント=トロイデンでの活躍により、契約元のフランクフルトがレンタルを解除し、チームに復帰させます。

この年は、リーグ戦では、2得点に終わったものの、UEFA ELで1試合で3得点を決めるハットトリックを含め6ゴールをあげ、

合計公式戦10ゴールを上げる活躍が認められ、2020年夏から2023年夏までの契約延長オファーを勝ち取ります。

この時の年俸が

44万ユーロ
日本円:約5,236万円
*(2019年8月)の平均レート1ユーロ=119円にて計算

4年契約の3年目ということで初年度の年俸とほぼ同等の額となります。

そして3年の延長オファーが貰えたことはドイツ1部リーグで活躍が認められた証拠でもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次