福岡みなみのこれまでの経歴は?経営者とタレントの二足のわらじ成功?

福岡みなみ

ライバーとして1億円を稼ぎ、インフルエンサー、タレントとして活躍している福岡みなみさん。

2020年には自らを所属タレントとする芸能・ライバー事務所「株式会社星LABO(ほしラボ)」を設立。

代表取締役として経営者の顔をもちながら、美人タレントとして、活躍の場を広げています。

そんな福岡みなみさんですが、

  1. 福岡みなみのこれまでの経歴は?
  2. 福岡みなみは経営者とタレントの二足のわらじ成功?

についてお伝えさせていただきます。

目次

福岡みなみのこれまでの経歴は?

福岡みなみさん
出典:日刊SPA

福岡みなみさんは、地元広島の高校卒業・東京の大学に進学・卒業、その後芸能界デビューを果たします。

<プロフィール>

  • 名前:福岡みなみ
  • 誕生日:1995年5月1日
  • 出身地:広島県
  • 学歴:広島市立舟入高校卒→東京理科大学工学部二部経営工学科卒
  • 血液型:A型
  • 身長:153㎝
  • サイズ:B82・W53・H82
  • 趣味:美容・ご飯屋さん巡り、さらん君
  • 芸能活動:2019年~
  • 特技:ライブ配信
  • 所属:コンテンツ3(2019~2021)、株式会社星Labo(2021~)

現在27歳(2022年9月現在)で、2019年デビューなので遅咲きなのですが、

実は2016年デビューのタレント菅井美沙さんとして大学生時代に芸能デビューしているので、

福岡みなみさんとして、名前を変えて自身2度目のデビューとなります。

また、当時地元広島大学も合格していたそうですが、どうしても東京に出てきたいとの思いから、

東京の大学を志望し、東京理科大学入学。理科大にした理由に、”リケジョ”という肩書きが後々使えると思ったからとのこと。

入学する前から「東京理科大学」の経歴は使えると思っていたんです。

東大や早慶といった有名大学ほどの偏差値はないですが、賢そうに見える大学じゃないですか?

それに、理系の女子ってだけでインテリ感が増すし。そういう考えはありました。

日刊SPA

かなりの策略家ですよね。高校生の頃から将来の肩書を考えているなんて当時から自己プロデュースができていますね。

<ライバーとしての活躍>

2019年にデビューして、順調にグラビア活動をしていましたが、2020年コロナ渦に突入し、

グラビアの仕事が無くなり、そしてその他の仕事も次々なくなる・・。

テレビもちょくちょく出ていたのですが、ソーシャルディスタンスで出演するタレントも限られるようになり、私のような新人タレントはなかなか出番がなくなって……。

「あれあれ? 私どうなるの?」と思っているときに、自分で発信できるメディアを持とうと思って、配信アプリの『Pococha』を始めたんです。

日刊SPA

こういうときに問われるのが人間力なのでしょうか。このピンチをチャンスに変えてしまうのが、福岡みなみさんです。

このPocochaというライブ配信サービス半年間でライバーの頂点に立ってしまう負けん気の強さが彼女の原動力なのでしょう。

Pococha では、当時3ヵ月で登録者数約3万人、ライブ配信応援数(ライバーポイント)で同アプリ史上最高記録となる7,700万ポイントを獲得。2020年5月期の月間1位を獲得。月間最高ポイントは1億4000万ポイント。

ライブ配信サービス恐るべしですね。福岡みなみさんのトーク力が最大限発揮された瞬間だったのかもしれません。

福岡みなみ経営者とタレントの二足のわらじ成功?

出典:新R25

ホリエモンこと、堀江貴文さんからの独立してやればとの声かけが独立、新事務所立ち上げのきっかけだそうで、

2021年の8月に芸能・ライバー事務所/株式会社星LABOを設立。自身が代表取締役をつとめています。

また当時の自身Instagram内で

自分の仕事に対する理想や、夢、今後の目標など突き詰めた時に「会社を設立し自分達で運営するプロダクションを作ってみたい」という夢ができました。

会社名の星Laboは、星とLabo(laboratory 研究室)でスターがスターを生む、自分達でセルフプロモーションを行い自分達自身も含めてスターを輩出していきたい。

という思いが込められています。

自らセルフプロモーションを行い、自分の可能性は自分で広めていく、そういった才能のあるタレントがしっかりと稼げて、信頼のできる会社にしたいです。

星Laboに自分の人生を捧げて、素晴らしい会社にしていきたいと思います。

Instagram

と投稿しています。

そして、自身の著書である「ライブ配信で1億円稼いだ話」では、勝つための5つのチーム戦略を披露し、周囲を驚かせました。

  • 勝てるチームメンバーを集める(「いつメン集合!」と呼びかけ、リスナー30人くらいをチームメンバー化)
  • チームみんなで波をつくる(弱点の時間を盛り上げタイムとし、ポイントを稼ぐようチームメンバーと連携)
  • 自分より強いライバルをつくる(自分と同じ位か、頑張ればギリギリ勝てるかもしれないライバルを見つける)
  • チームで戦略を立てる(相手チーム分析から全体像を把握。100万円以上アイテム投げ何人など予測)
  • イベント時にはスパイを用意(相手チームのアカレベルいくつか、チーム全体資金力等スパイから情報を入手)

ここまでするのか!ですよね。本当に執念の人だとつくづく感じました。

2022年9月現在は、所属タレント2名(自身と秋嶋隆斗/あきしま りゅうとさん)ですが、

ライバー配信者が100名以上所属しており、ライバー育成に力を入れており、所属ライバーは今後も増えていくと予想できます。

また社長である福岡みなみさん本人がタレント稼ぎ頭として、今後事務所としても拡大していくのでしょう。

二足のわらじは順調にここまできているのではないかと筆者は感じます

まとめ

これまで行動力と逆境を逆手にとって成功をおさめてきた社長(経営者)兼タレントの福岡みなみさん。

現在の活躍は行動力と発信力に尽きるのかもしれません。これからメディアへの露出はさらに増えていくことでしょう。

そんなみなみさんをこれからも応援していきたいと思います。

最後までお付き合い頂きまして有難うございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次