turntableFilms

turntable films

ターンテーブルフィルムズ

メンバーの地元である京都にて結成された3ピース・バンド。2010年2月にミニ・アルバム「Parables of Fe-Fum」でデビュー。うち2曲が京都FM”α-station”のヘヴィ・プレイに選出され大きな話題を集めると、「ボロフェスタ」「京都大作戦」「都音楽祭」といった人気フェスにも次々と出演。同年11月リリースのライブ会場限定アルバム『10 Days Plus One』を挟み、その後約1年に渡るレコーディング期間を経て、2012年4月にリリースされたファースト・フル・アルバム『Yellow Yesterday』で、日本のインディーロック・シーンでの確固たる地位を獲得。
翌2013年4月29日、同郷のバンド”くるり”との共同イベント「WHOLE LOVE KYOTO」を京都KBSホールにて、同年8月からは、シャムキャッツとのスプリットアナログ盤を携えての全国ツアーを敢行、共に大成功を収めた。そして2015年11月、アルバムとしては実に3年7ヶ月振りとなる2ndアルバム「Small Town Talk」を、 ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文が主宰するレーベル「only in dreams」よりリリースする。全曲日本語歌詞へとシフトし、京都でのレコーディング後、フロントマンの井上陽介がトロント留学中に出会った、カナダはトロントのソングライター/プロデューサー/エンジニア”Sandro Perri”(I am Robot and ProudやOwen Pallett、Grizzly Bear、Dirty Projectors等の作品を手掛ける)の手によりミキシングされ、マスタリングエンジニアには1stアルバム「Yellow Yesterday」でもおなじみの”Harris Newman” (Wolf Parade、Vic Chesnutt、BRAIDS、Sunset Rubdown、Superchunkなど数多くの良質なインディーバンドを手掛ける)を迎え、超待望の2ndアルバムが完成!!

井上陽介
twitter
8月14日生まれ ボーカル、ギター担当
作詞/作曲/プロデュースなどをつとめる自身のバンドTurntable Filmsとして、多数の音源を発表。バンド活動と平行して2011年からソロ名義”Subtle Control”として、自ら演奏、録音、ミキシングなどを担当する音源制作、ライブ活動を展開。
2015年、Peg&Awlを岩城一彦(Pirates Canoe)と結成。またGotchやYeYe、他アーティストのレコーディング、ライブサポート、プロデュースや楽曲­提供を行うなど、その活動の幅を広げている。
Subtle Control – HP
Subtle Control – soundcolud
谷健人
twitter
10月11日生まれ ベース、コーラス担当
Turntable Filmsの他、Superfriendsでも活動中。不定期にてソロでも活動中。
KENTO TANI – HP
Superfriends
田村夏季
twitter
7月10日生まれ ドラム、コーラス担当
趣味は映画やアニメを見たり料理をすること。バンド活動の傍らgoosooやYeYeなどにもサポートドラマーとして参加している。